home
判らない語句はこちらから検索→  
writing fun connect renka
novel poem word&read juel chat mail profile book


∧top∧


三ヶ月間の東京転勤から晴れて(?)名古屋に戻った後のヤツ、だった様な。
もうちょっと後だったかもしれません。
東京の最後の方は本当にごたごたしてて私も精神状態がまともじゃなかったので、
しばらく現実を直視することが出来ずに下を向いてばかりいました。
多分この詩は、その名残なのでしょう。
貴方も私も、本当は<私>のことなんです。
今でもその当時のことは、あまり思い出すことが出来ません。
哀しいのか辛いのか悔しいのか、頭がおかしくなりそうで。


top▲