home
判らない語句はこちらから検索→  
writing fun connect renka
novel poem word&read juel chat mail profile book




《運命の輪》








君の中で永遠である時間の

その中にある未来の果てに

住まう祈りの優しき姫が

望むは見果てぬ芳しき夢


僕は祈りの姫を手に入れんとし

奏でる竪琴 諸手に抱いて

小鳥とともに諸国を巡りて

唄うは哀しき人恋歌


君は全てを受け入れるべく

黄水晶の瞳は高みに上り

はるか地上をすべからくおさめ

生命の獣を従うる光



幾々久し 幾久し

久しからずや 久しくも

閨の現のいざりびや







なんとなくやりたくなった、バレバレの連作です。

後20も詩を詠む根性があるのでしょうか。

イメージはタイトルのごとく《運命の輪》by自分的解釈。

どっちかと言えば《世界》の方がまだそれっぽかったかもしれませんが、

管理人は「運命の女神様」を信じてるタイプなので(苦笑)



∧top∧





top▲